loader

企業理念・挨拶・沿革

企業理念

自然再生可能エネルギーを生かした循環社会の構築を目指します。

電力問題に直面している今、自然再生可能エネルギーのような新エネルギーを利用し環境を考えた社会にしていくとともに、今まで培った経験、ノウハウを太陽光発電事業に生かし環境問題に積極的に取り組みます。
太陽光発電を通して社会に貢献し、お客様と、弊社に協力していただいている各企業の皆様の幸福を願い、日々精進していきます。
未来を見据え、私たちに今できることは何かを常に考え、行動していくことを心がけています。

 

社長挨拶

弊社は平成8年の福岡電技創業依頼、北九州地区にて電気工事事業者として歩んで参りました。創業依頼、多くの工事現場を私個人も経験を積んで参りました。
その後、再生可能エネルギーのFIT法により平成24年㈱翔電を立上げ、私の先代から3年続いた福岡商店の名を授かり、平成25年㈱福岡商店ホールディングスを設立し、現在はホールディングス体制にて、日本全国にEPC事業者として取り組んでおります。

地球温暖化の防止とエネルギー自給という日本が直面する社会的課題に対し、当社は「自然再生エネルギーを生かした循環境社会の構築を目指します」を企業理念に掲げ、電源開発から発電所運営まで一貫して長期に担うことで、社会に貢献していくことを目指しています。

創業から未だ日が浅い会社ですが、これからも日本各地で事業基盤を構築し、2020年には総発電容量300,000キロワットを目標に、太陽光発電・風力発電・バイオマス発電等再生可能エネルギーの幅広い分野をカバーする業界のリーディングカンパニーとなることを目指しております。

発電所の開発・運営にあたっては地域住民、行政機関、建設業者、資金提供者等関係者の理解と支援が不可欠であり、社員一同関係者の信頼を得るべく誠心誠意業務にあたっております。
事業の開発、推進、発電所建設、運営に至る各分野から、志を同じくする専門人材を積極的に登用、提携をし、一人ひとりが存分に力を発揮できる組織を創り、又人材の積極的な採用と育成・教育にも力を注ぎながら積極的に事業を拡大してきています。

地球温暖化への対応とクリーンエネルギーの拡大は、2015年9月の国連総会で可決された「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成する上で国際社会全体が取り組むべき課題でもあります。この課題の解決に向け、2015年12月にはCOP21でパリ協定が採択され、我々も再生エネルギーがもたらす社会奉仕を常に考え、再生可能エネルギーの普及・拡大を通じて常に新たなチャレンジ精神を持ちつつ、幸福で持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

株式会社福岡商店ホールディングス
代表取締役社長 福岡竜太

沿革

平成8年8月     福岡電技を創業
平成20年10月   資本金300万円をもって福岡電技株式会社設立
平成24年11月   資本金100万円をもって株式会社翔電設立
平成25年6月   北九州市八幡西区東石坂町3番へ移転
平成25年8月   資本金4500万円をもって株式会社福岡商店ホールディングス設立
平成26年3月   福岡電技株式会社 資本金800万円へ増資
平成26年3月   株式会社翔電 資本金1300万円へ増資
平成26年3月   株式会社翔電 一般建設業取得
平成26年12月   資本金100万円をもって株式会社福商イノヴェーションズ設立
平成27年2月   株式会社翔電 北九州市八幡西区上の原3丁目5-10へ本店移転
平成27年6月   株式会社福岡商店ホールディングス 特定建設業取得
平成27年9月   株式会社福岡商店ホールディングス 北九州市八幡西区上の原3丁目5-10へ本店移転
平成28年1月   株式会社福商イノヴェーションズ 資本金300万円へ増資 (グループ資本金6900万円)

fukusho
Copyright © 2015 福岡商店ホールディングズ. All rights reserved